将来の英会話の活用性について

色々な事を検索したりするのにも英語での文が多くあります。

将来的には英語で書かれた文を日本語に自動で直してくれたりする機能が発達すると思います。

実際に英語を日本語に訳してくれるアプリなどもあります。

そうなると日本人が英語をわざわざ勉強し習得する必要があるのかと思います。

しかし、世界中で英語を使用している割合は高く、英語を話せるという事は日本語以上に多くの人とコミュニケーションをとることができるという事です。

多くの人とコミュニケーションを取ることができるという事は社会に出てからかなり有利になります。

実際に多くの一流企業は海外とビジネスをしています。

その時に使われる言語はやはり英語です。

お互い自国のことばてはなく英語を使用するのにはやはり世界で一番英語が多く使われているからです。

そのために世界の人々は自国の言葉だけでなく英語を勉強します。

日本でも小学生が英語の勉強をするようになりました。

それは将来海外とビジネスをするのに英語は必要だということではないでしょうか。